イプシロンブログトップつのわ〜るどシンプルBSC

2010年07月26日

事務所、顧問先の業務改善に 脚光浴びるシンプルBCS

 長引く不況の中、経営のかじ取りも一層難しくなってきた。効果的な戦略によって自社の経営改善を実現させたいところだが、自分の考えと”結果”にギャップを感じている経営者も少なくない。こうした中、独自の課題抽出手法とバランススコアカードの手法を利用した業務改善ツールが注目を集めている。

 バランススコアカード(BSC)導入のメリットは、自社の課題を抽出し、組織力や成長力を強化できる点にある。しかし、従来のBSCは、複雑かつ整理に手間がかかるほか、硬直的な解釈が並んでいるため、会計事務所や中小企業に“縁遠い” 印象を与える部分があった。
 こうした中、事務所業務の改善、さらに顧問先企業への支援ツールとして注目されているのが、イプシロン(株)(東京・世田谷区、代表=角田達也氏)が提供する「シンプル バランススコアカード(BSC) 」だ。

 同ツールの特徴は、バランススコアカード方式とISO9001方式を組み合わせることで、業務改善活動のための戦略構築・展開に利用目的をしぼり、すぐに実行できる “簡単プロセス”に価値を見いだしている。

 課題抽出と分析手法には、イプシロ ン独自の「ベースラインアプローチ(ISO9001基準)」を採用。これにより、洗い出し作業から整理・分析にかかる工数を大幅に削減している。
 さらに、BSCの戦略構築や提案の枠組みを柔軟に解釈し、同方式の利点のみを活用できるように構成されている。また、BSCの戦略マップには「財務の視点」「顧客の視点」「業務プロセスの視点」「学習と成長の視点」という4つの視点が表現されているが、これらをISOの要求分類に置き換えることで、中小企業経営者でも非常に分かりやすくなっている。

 同ツールの提供開始以来、中小の組織でも使えるBSCとして人気を集め、税理士の間でも「シンプルBSC」を活用して顧問先の業務改善をサポートする動きが活発化している。また、顧問先へ捷案する前に、事務所内に「シンプルBSC」を導入する所長税理士も増えており、「抽出された問題点についてスタッフ全員で考え、優先順位をつけることで解決への道しるべができた。担当者を明確にすることで、責任の所在も明らかになった。さらに、スタッフとの考えの違いも分かりコミュニケーション不足も解消できた」など、所長からの評判も上々だ。

 税理士以外の他士業でも同ツールを導入した成功事例がいくつも報告されている。導入用DVDもセットになっており、誰でも簡単に操作できる点も魅力だ。顧問先の経営改善支援として、簡単・短時間・効果大の「シンプルBSC」に注目したい。

[税理士新聞より2010年7月25日号] エヌピー通信社


イプシロン
posted by イプシロン at 15:09 | Comment(0) | メディア紹介 | 更新情報をチェックする