イプシロンブログトップつのわ〜るどシンプルBSC

2010年05月30日

Free!-03

「OpenOffice.org」の知名度は結構高いようです。実際に無償ダウンロードまではしてみた・・・という方も多いのではないでしょうか?しかし、特に業務上でマイクロソフトオフィスに替えて「OpenOffice.org」を使用しているケースはまだ多くありません。勿論それには理由が(後々、デメリットの部分で触れます)ありますが、結局は環境・状況に応じて、賢く使い分けることができれば、それが一番です。

 「OpenOffice.org」を採用する一番のメリットは、何しろ“タダ”ということ。数十名規模、百名を越える規模の事務所であっても直接的な導入コストは掛かりません(無償ダウンロードはこちらから→OpenOffice.org日本語プロジェクト)。

 また導入時だけではなく、今後のバージョンアップでも費用が掛からず、常に最新バージョンを利用し続けられます。
 有償のオフィススイートでは、数年おきに“頼んでもいない”バージョンアップ(というか、システム自体のシリーズアップ)が繰り返される。→同じ会社の製品にも関わらず、下位互換などに気を遣う必要が出てくる。→特に取引先との情報交換の利便性を維持するため渋々最新バージョンを導入し始める。→更にバージョンアップは、ほとんどの場合ボリュームアップ(必要メモリも占有ディスク容量も)。→『そろそろハードも買い換えるか・・・』という流れになりますね。

 そもそも「OpenOffice.org」は、現在のバージョンでも非常にコンパクトに出来ています。求められるハードウェアスペックも高くありません。
 事務所にとって直接的コストを考えると、導入時にも将来的にも良いことずくめ(のような)選択です。

<<続く>>

イプシロン
posted by イプシロン at 23:46 | Comment(0) | Free! | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

Free!-02

 オフィススイート(office suite)の”スイート”って何なの?ということですが、「一揃え」「一組」といったような意味です。私たちが出張でよく使うホテルでも、リビングルームやベッドルーム、ダイニングコーナーやバス・トイレなど一通り揃っている部屋をスイートルームっていいますね(仕事で使うことはほぼありませんが)。

 パソコン用ソフトで、ワープロ・表計算・プレゼンテーション・図形処理やデータベースなど一連の機能別ソフトが揃っている製品をオフィススイートと呼び、今では単にスイートといえば、この「オフィスソフト一揃え製品」を指すようにもなりました。

 日本でもジャストシステムやIBM、その他数社がオフィススイートを提供していますが、現実的にはマイクロソフトオフィスが圧倒的シェアを持っています。これまで、オフィススイートは“有償”で、その代名詞がマイクロソフトオフィス・・・というのが私たちに固定化されたイメージであり、実際に拝見した数多くの企業・事務所におけるシステム環境でも例外に出会った記憶はほとんどありません。

 しかし近年、“Saas”の動向も含み、オフィススイートの分野でもその提供方法や提供コスト(無償含む)に様々な選択肢が登場してきました。特に私たちにとっては、ライセンス料の負担を削減できる上に、現状の業務・作業を支障なく継続できる選択肢が最も魅力的であることはいうまでもありません。

 ここでは、結論として『組織毎に最適なオフィススイート環境の採用』をご提案していくつもりです。そのためには、既定路線を切り替えるメリットとデメリットを検証する必要があります。次回は無償で入手出来るオフィススイート「OpenOffice.org」を取り上げ、この検証を行いたいと思います。

<<続く>>

イプシロン
posted by イプシロン at 14:29 | Comment(0) | Free! | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

Free!-01

 皆様、こんにちは。今回から新・シリーズ「Free!」を始めます。自由な・・・、無料の・・・、いろんな意味を含めて「Free!」です。

 「自由」とか「無料」には様々な厳しさが伴います。『ただより高いモノはない』とも言われますが、厳しさを克服して「自由」や「無料」を適切に享受できれば、その喜びも大きいでしょう。

 こんなテーマでも、取り上げる話題は多岐に渡ります。何とか絞り込まなくてはなりません。そこで、まずは弊社の製品開発にも絡んでくるソフトウェアの分野からお話しを始めようと思います。

 皆様の職場では(主に士業事務所を想定していますが・・・)、財務会計処理系の基幹システムにはじまり、税務申告用のソフト、給与計算系のソフト、申請業務用ソフト、経営計画シミュレーション等々、様々な業務処理系ソフトを利用されていると思います。その種類も、スタッフの人数によってはその本数(ライセンス数)も非常に多くなっているのではないでしょうか?

 更に、頻繁に使用する業務処理系ソフトには“オフィスソフト”などと呼ばれるワープロソフト、表計算ソフトがあるはずです。バージョンアップの度に掛ける費用、年間のライセンス料なども無視できない金額になっていませんか?
 次回からは「Free!」の題材の初っ端として、この“オフィスソフト”を取り上げます。このブログでは敢えて“オフィススイート(office suite)”って呼ぶことにします。
 士業事務所の皆様にとってのひとつのご提案になると思いますので、これからもお暇な時にこのブログをチラ見して下さいネ。

<<続く>>
 

イプシロン
posted by イプシロン at 22:44 | Comment(0) | Free! | 更新情報をチェックする