イプシロンブログトップつのわ〜るどシンプルBSC

2009年03月05日

AEDのある風景(NO.30)

 この時期、花粉症の症状で辛い思いをされている方も多いと思います。私自身はまだその兆候さえもなく平然と暮らしていますが、我が社にも、かぁーなぁーり重症な患者がおりまして・・・
 などといっている私も、別の理由で花粉症の皆さんとは少し違うマスクを装着して外出することがあります。“光線過敏症”というらしいです。紫外線が弱点です。ヒトによって、様々な健康上の悩みがあるものですが、この症状は丁度『南極上空のオゾンホールが〜どうたらこうたら〜』と騒がれ始めた頃から悪化しているような気がします。
 怪しいマスクをした人間が各地の事務所様の周りを彷徨くことがあるかも知れませんが、ドアをノックする前には勿論マスクを外しますからご安心下さい。

 写真は横浜市内の商業施設にある『AED設置しています』表示(上)と、そこに示された場所で実際に見つけたAED(下)です。
aed-37.jpg

aed-38.jpg
 『設置しています』表示と、実際に設置されている場所との相対的位置関係が図示されていれば、不案内な場所でも探し易いのに・・・と、いつも感じています。

イプシロン
posted by イプシロン at 15:16 | Comment(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

AEDのある風景(NO.29)

 今月末で「配達記録郵便」が廃止されます。通常の郵便料金+210円で利用出来るため、顧問先企業へ重要書類を発送する場合に利用されていた事務所様も多いのではないでしょうか?
 3月1日からは「特定記録郵便」なるものが新設され、+160円で利用できるようですが、これは“差し出した記録”しか残らないため、実質使えないでしょう。
 ・・・と、なると、タイミングを合わせて値下げされる「簡易書留」(+350円→+300円)を使うことになりますね。1発送あたり90円のコスト増。安心・安全な業務品質維持のためです(しかし、クレジットカード会社なんて大変でしょうね)。

 写真は横浜市営地下鉄・ブルーライン「あざみ野」駅構内にあるAEDです。
aed-30-1.jpg
 (↓)ケースには『無闇に扉を開けないよう』注意書きが貼ってあります。
aed-30-2.jpg

イプシロン
posted by イプシロン at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

AEDのある風景(NO.28)

 警視庁のオンラインシステムに接続している端末(パソコン)が、新種のネットワーク感染型ウイルスに感染しました。ウイルス駆除のためオンライン業務を断続的に停止せざるを得ず、一時的に車庫証明の発行業務や免許更新の事務手続き業務は手作業で行ったそうです。ウイルスは「W32・Downadup・B」と呼ばれるもので、本日(1月26日)には完全復旧の見込みということです。
 これまでも再三“michi”や私“maga”が取り上げてきましたが、今回の事案も、USBメモリーなどを経由した感染である可能性が大きいと思われます。多くの人間が係わるネットワークにおける、情報安全対策の難しさを痛感させられる出来事です。

 写真は「福岡空港」の商業施設エリアに設置されているAEDです。
aed-29.jpg
 緊急連絡用の通話装置と一体となっており、いざという時には非常に有効に機能するでしょう。

イプシロン
posted by イプシロン at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

AEDのある風景(NO.27)

 IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)ってご存じですか?私達が情報セキュリティの分野でお客様支援にあたる際には、IPAから出されている報告書など、各種貴重な資料を参考にさせていただいています。この独立行政法人は、国家資格である情報処理技術者試験を行っている機関でもありますが、特に情報セキュリティに対する充実した研究・啓蒙活動は評価されるべきものです。
 しかし、残念ながら、最近の一部報道によると、このIPAの職員自身が個人のパソコンでファイル共有ソフトを使い、且つ暴露ウイルスに感染。個人情報を含む数ギガに及ぶデータをネット上に流出させたようです。また、その流出データから、当該職員が違法ダウンロードを行っていたことも確認されたということです。
 IPAのwebサイトに溢れる啓蒙のための文言が、これほど空しく目に映る“インシデント”は他にありません。『身を以て情報漏洩の危険性を・・・』などと、皮肉ってみて済まされることではありませんネ。

 写真はJR「新潟」駅構内にあるAEDです。
aed-28.jpg
 ケースの上に、分かりやすいイラスト付きの解説プレートが設置してあります。

イプシロン
posted by イプシロン at 22:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

AEDのある風景(NO.26)

 本日、2009年1月5日から上場企業の株券を電子データで管理する制度がスタートしました。
 証券保管振替機構(「ほふり」)によると『目立ったシステムトラブルは起きていない』とのことですが、また同機構は、まだ発行済み株式総数の4.9%程度は電子化の手続きが終わっていないともいっています。全体の約5%とはいえ、178億株あるそうです。皆様の関係先の投資家さん達は大丈夫ですか?完全な紙屑にならない内に・・・

 投資家の利便性向上、企業の印刷コスト削減と、メリットは謳われていますが、どうしても電子化のリスクを背負うデメリットにばかり目がいってしまうのは〜 ハイ、職業病でございます。

 写真は、横浜の「みなとみらい地区」にあるオフィスビルのロビーに設置されたAEDです。
aed-27.jpg
 最近のおしゃれなオフィスビルでは、多少コンパクトで、目立ち過ぎないデザインのケースで設置されていることもあります。
 

イプシロン
posted by イプシロン at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

AEDのある風景(NO.25)

 毎年この時期になると、各地の警察・消防などで「年末特別警戒」なるものが始まります。どうして年末は特別に警戒するの?といった素朴な疑問も湧いてきますが、年末・年始に限らずゴールデンウイークや夏休みなど、長期連続休暇の時期は特別警戒の時期ですね。
 そんな中でも年末は、多忙な業務・飲酒・迫る決済・はたまた気の緩み・・・と、非日常性を醸し出すに十分な舞台装置が整ってしまいます。事件・事故に遭遇せず、いろいろな意味で相当厳しくなるであろう新しい年には、気力・体力を充実させた状態で臨みたいものです。
 そんな私も、年末には何故か消防車に乗ってケイカイにあたらせていただくであります。

 写真はJR「敦賀」駅構内のAEDです。
aed-26-1.jpg
 よく見ると手作り風味で<封印>されちゃってます(↓)。
aed-26-2.jpg
 緊急時以外にスタンドを開ける悪戯とかがあったんでしょうか?このタイプは、AEDの取り出し口を開けると、回転灯が作動し大音量でブザーも響き渡ります。興味本位で扱わないようにしましょうね。

イプシロン
posted by イプシロン at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

AEDのある風景(NO.24)

 明治時代の初めに発売され、昭和の戦時中に一旦途絶えた「年賀葉書」。それを復活させた・・・いや、「お年玉付き年賀葉書」という大ヒット商品として復活させたのは、大阪の洋品雑貨会社の社長さんだそうです。
 直接、当時の郵政省にアイデアを売り込みにいってしまう行動力と、『終戦後の混乱期、遠方の知り合いの消息が分かり合えれば』という強い動機が、超ヒット商品を生み出す原動力となったのでしょう。
 強い思いと行動力。単純なメッセージですが、数々のヒット商品に共通するキーワードかも知れません。

 明治時代の前半まで、年賀状は年明けの書き初めで書いて松の内の7日までに出すことが一般的な風習だったようです。いまだに明治時代前半スタイルになりがちな私がいます。

 写真は、羽田空港ターミナル(ビッグバード)内に設置されたAEDです。
aed-25.jpg 
 最近は、商業施設やオフィスビルのエレベータホールなど、本当にAEDをよく見かけるようになりました。

イプシロン
posted by イプシロン at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

AEDのある風景(NO.23)

 もう四半世紀も前の話しです。学生時代、先輩から連絡がありました。「友人が大きな手術をする。輸血のための血液が必要だ。お前、確か同じ血液型だろう。病院まで来い!」
 病院に駆け付けたところ、手術当日まではまだ数日ありましたが、その前に適正のある血液の持ち主を選ぶらしく、採血のために少なくとも20〜30人の学生が集められていました。その時はまだ、私が選ばれることになるとは思っていませんでした。確か翌日の夜だったか・・・再び病院に呼び出されたのは私ひとり。「採れるだけ採って下さい!」と、医師に言った覚えがあります。
 先輩の友人は、手術後に、二十歳そこそこの若さで亡くなりました。内臓の大きな腫瘍の摘出手術だったらしいです。私の血液は役に立ちませんでした。

 『厚生労働省の「献血推進のあり方に関する検討会」が、高校生の400ミリ・リットル献血解禁など、献血基準を見直すための作業部会を設置』というニュースがありました。献血量の減少をくい止めるため、様々な試みが必要になってきています。たまたまの機会に頼っているとなかなか実施できないのが献血です。このまま少子化が進むとして、ひとりひとりがもっと積極的に取り組まないと、輸血用血液の危機的状況も加速するでしょう。

 もう、すっかり汚れてしまっているであろう私の血液も、次は何かの役に立つかも知れない・・・と、思いたいものです。

aed-26.jpg
 写真は、JR「水戸」駅の改札付近にあるAEDです。実はだいぶ以前にこのAEDを撮影しましたが、周囲の壁が少し傷んでおり、印象が悪いので掲載を見送っていました。壁の補修が済んだようなので、改めて撮影し、掲載しました。

イプシロン
posted by イプシロン at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

AEDのある風景(NO.22)

 次は何が起こるんだろう?私達の生活、仕事に影響する世の中の動きを、その方向性だけでも予測することはできるでしょうか?
 先月、ある民放局が、アメリカ政府から我が国に向けられた「年次改革要望書」なるものを正面から取り上げ、報道したことが話題となりました。建築基準法改正、労働法改正、日本版401K、司法制度改革、郵政民営化。この要望書に対する視点・評価は様々ですが、確かに結果として「ニッポンの予言書」的な見方も出来ることは確かだと思います。
 2008年版の要望書は既に頂いているようです。新しい大統領も決まったようです。これから先、どんな要望書が届くことになるのか?興味深いような、夢の無い話しのような・・・。年の割には、子供の頃“進駐軍”の存在を身近に感じる環境に育った、ひとりのオッサンの独り言です。

 写真は福岡空港内に設置されたAEDです。
aed-24.jpg
 オシャレで、且つ目立つデザインです。

 


イプシロン
posted by イプシロン at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

AEDのある風景(NO.21)

 最近は映画館に足を運ぶ機会も減りましたが、世間では身近な娯楽として映画産業も多少の復興を遂げているようです。そんな中、久しぶりに映画鑑賞の機会を得て以前と微妙な変化を感じました。子供向けの上映プログラム以外にも、洋画の「日本語吹き替え版上映」があることです。
 昔は字幕上映が当たり前だった気がしますが、最近はDVDによる鑑賞スタイルが普及したせいか、映画館においても吹き替え上映にニーズがあるようです。
 外国語の表現、外国俳優さんの地声に味わいを覚える感覚は既に“郷愁”なのかもしれません。
aed-21.jpg
 写真は横浜市営地下鉄「関内」駅通路にあるAEDです。壁に密着して設置されています。駅自体が結構年代物なので、AEDが少し“浮いて”見えます(目立っていて結果オーライ)。



イプシロン
posted by イプシロン at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

AEDのある風景(NO.20)

 秋の運動会シーズン。今年も息子が通う小学校から「プログラム」が届きました。もっとも私の場合は競技を観戦してお弁当を食べて・・・ではなく、本部のテント設営や入場門作りが毎年の“任務”ではあるのですが。
 子供達の世代になってから、運動会の各種目タイトルには或る特徴があります。「1〜2年生によるダンス」「3〜4年生による障害物競走」「5〜6年生によるリレー」など。つまり、子供の数が少なすぎて1つの学年では1種目が成立しなくなっているのです(あっという間に終わってしまう)。地域によっても差はあるでしょうが、運動会の「プログラム」ひとつにも少子化を身近に感じさせる現象が現れています。東京に次ぐ人口を抱える県の、県庁所在地でのお話しです。
 幼稚園や小学校では、まだ父兄参加の種目なども用意されていることが多いでしょう。父兄の高齢化も進んでいるようです。つい張り切りすぎて、AEDの出番とならぬよう十分お気を付け下さい。

aed-20.jpg
 写真は「鹿児島空港」搭乗口付近の通路に設置されているAEDです。最もよく見うけられるスタンド型ケース。

イプシロン
posted by イプシロン at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

AEDのある風景(NO.19)

 久しぶりに『AEDのある風景』っぽい話題を。
 様々な場所に設置されているAED(自動体外式除細動器)。しかしこれにも予算が掛かります。最近、この設置風景撮影の際に気付くのが企業広告と一体となったAEDスタンドが増えてきているということです。横浜市の市立図書館にも液晶モニター付きAEDスタンドがあります。モニターには協力企業の広告や図書館広報を流し、設置・維持費用は広告代理店が負担するので経費節減に繋がっているそうです。
 公共の福祉に必要な設備を予算ゼロで整備する知恵。元々優先的にAEDの設置が求められる場所は人々の行き交う場所でもあり、広告の効果も期待できるでしょう。この動きが全国に広まっていくといいですね。

 写真は液晶モニタタイプではありませんが、大阪・地下鉄御堂筋線「新大阪駅」の改札付近に設置されている広告付きAEDスタンドです。
aed-19.jpg
 企業広告の空きスペースにはAEDの使用方法も表示されていて、親切且つ合理的なスタンドです。

イプシロン
posted by イプシロン at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

AEDのある風景(NO.18)

 商品・サービスの広告における「NO1」とか「第1位」という表示について、消費者の9割近くがそれら表現の客観性について疑問をもっている・・・公正取引委員会の調査結果です。サービス分野では、学習塾、住宅関連リフォーム、住宅建築などにそういった表現が多いらしいですが、ほとんどの訴求対象に疑われるような謳い文句に広告効果があるのでしょうか?
 最近、会計事務所の皆様からセミナー案内状や商品・サービスのパンフレット上の表現についてご相談をいただくことも増えて参りました。こういったご相談に接し申し上げられることは、パンフレットの原稿案だけ目の前においてあれこれ検討されても、本当に訴求効果のある最終稿までたどり着くのは結構難しいということです。重要なのは、その背景にある商品・サービスのコンセプト、パンフレットの企画意図・制作意図、訴求対象(業種・地域・職階・企業規模・社歴・経営状況)の絞り込みなどの“戦略”だと思います。案内状やパンフレットは、それらを垣間見る1枚のスナップ写真に過ぎません。

aed-19-1.jpg

aed-19-2.jpg

 写真(上)は、訓練・講習用のAEDパッケージです。まあ・・・続きを読む

イプシロン
posted by イプシロン at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

AEDのある風景(NO.17)

 以前(6/12)このブログでもご報告したUSBメモリなどを経由して感染するコンピュータウィルスについて、本日(8/21)警察庁もその新しいウィルスの存在と動作環境を確認したことが明らかになりました。
 感染リスクを低減するため、利便性を犠牲にしインターネットから切り離した独立ネットワークを構築していても、こんな原始的な脅威にさらされるところが情報安全管理の難しさです。
 もし、まだUSBメモリなど可搬メディアの利用について管理された状態にない事務所があったとしたら、ルール作りと運用開始を急がれた方がいいと思います。繁忙期に、タチの悪いウィルスが発症する様を想像して見て下さい・・・予防処置を実施しておく方がはるかに安上がりです。

aed-18-1.jpg

aed-18-2.jpg

 写真は清涼飲料水の自動販売機に組み込まれているAEDパッケージで、出張先のホテルのロビーに設置されていたものです。“日常”に取り込まれている印象です(下はAED収納箇所拡大)。

イプシロン
posted by イプシロン at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

AEDのある風景(NO.16)

 北京オリンピックの話題が溢れる今日この頃。ひねくれ者の私は息子(小学生)を連れて久しぶりのプロ野球観戦に行ってきました。
 今シーズン地元球団の成績は惨憺たるものですが、こういう時こそ球場に足を運びたくなるのが本当のファン(自称)の性でしょうか?またいつか日本一!!を見ることができるのか?ながぁ〜〜〜い目で見守っています。

 オリンピックも金メダルの数を数えるだけではなく、選手達が背負う様々なドラマを知り、感じることに私は価値を感じます(ビジネスの世界ではあり得ない価値観ですが)。これまでで一番印象に残ったのは、競泳男子200mバタフライで銅メダルを獲得した松田丈志選手の『自分色のメダル』という表現でした。

aed-17.jpg

 写真は、試合を観戦したプロ野球・球場施設内に設置されたAEDです。小さくてよく見えないかも知れませんが、設置場所を選ばないコンパクトタイプのパッケージは便利です。
 

イプシロン
posted by イプシロン at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

AEDのある風景(NO.15)

先月のことですが、出張先で久しぶりにコンピュータウィルスに出会いました。私のPCや使用している媒体ではなく出張先の環境下での“ご対面”です。通常の業務環境下で、そういったものが検知された場合の対処に皆さんが慣れていらっしゃるわけもなく、私が代わって当面対処と感染経路の簡単な分析を試みました。今回のケースは、どうやら出先の施設に設置されていた共用PCにUSBメモリを差し込んだ時点で感染したようです。そのUSBメモリを仕事場のPCに差したことで、稼働していたワクチンソフトが検知した・・・という状況です。

最近コンピュータウィルスの感染経路が“昔に戻る”傾向があるようで、発達したネット環境経由の感染は監視策が充実してきましたが、逆に原始的な可搬媒体(昔ならフロッピーディスクなど、今なら多くはUSBメモリ)経由で感染が広がるケースも増えているということです。ウィルスを人が運ぶ時代に逆戻りです。

このケースで発見されたウィルスはまだ認知されて間もない種類のもので、3社のワクチンソフトで試しましたが、環境設定を変更せずにそのまま検知したのが1社、設定変更してはじめて検知したと思われるのが1社、当日の状況では最後まで検知できなかったのが1社、という結果でした。非常に不安が残ります。皆様の職場でも、USBメモリなどの利用ルールが無いようなら早急に検討されることをお勧めします。

aed-15.jpg

写真はJR「新神戸」駅構内に設置されたAEDです。AED設置を前提に壁が設計されているんでしょうか?見事に収納されています。

イプシロン
posted by イプシロン at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

AEDのある風景(NO.14)

 今年2月29日に国会に提出され4月25日に衆議院で可決、現在参議院で審議中の「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律の一部を改正する法律案」。この所謂「迷惑メール法」の改正がなされると少なからずビジネスにも影響が及びます。
 今回の改正で、最も実務上対応に苦慮する可能性のあるポイントが<オプトアウト>方式から<オプトイン>方式に変わることでしょう。つまり現行は受け手側から受信拒否の連絡が来た場合のみ以降の送信を禁止する方式ですが、改正後は事前に同意した相手にのみ送信が許される方式となります。
 しかし今でさえ「※未承諾広告」の表示無しの宣伝・広告メールが当たり前のように送られてくる中で、逆に適正に「※未承諾広告」の表示をして送信すると『オタクからのメールだけが迷惑メールとして自動分類されるが、何か変なもの送り付けてるじゃないか?』と問われる始末。
 改正法の運用・適用にあたっては、是非とも正直者が馬鹿を見るような結果とならないようお願いしたいものです。

aed-14.jpg

 写真は、都営三田線「水道橋」駅改札近くにあるAEDです。都営線の駅での設置は、券売機の並びにとけ込んでいる場合が多いです。


イプシロン
posted by イプシロン at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

AEDのある風景(NO.13)

 ISO9001:2000の認証を受けられている事務所も多いと思います。弊社も数十事務所の認証取得活動を支援させていただいてきました。ご存じの先生方も多いとは思いますが、この規格が改訂される予定です。今回の改訂の特徴は軽微な変更(追補)とされています。
 発行の作業・審議がこのまま進むと10月頃には新規格ISO9001:2008(追補)の発行となるでしょう。それに伴うJIS Q 9001:2008の発行は12月頃でしょうか・・・?
 移行期間など実際の審査対応については、皆様が認証登録されている審査機関からインフォメーションがあるはずです。暫くは審査機関からのお知らせを注視してください。
 ただ今回の改訂では規格要求事項の追加はなく、規格解釈の明確化が主な内容となりますので、いつもの定期審査(時期によっては更新審査)の工数に含んで移行対応が可能と予測されます。

aed-13.jpg

 写真はJR「名古屋」駅、在来線のホームに設置されたAEDです。階段を上ると正面にあり、非常に目につきやすいところに陣取っています。

 

イプシロン
posted by イプシロン at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

AEDのある風景(NO.12)

 様々な場面で、士業事務所の皆様に情報管理の重要性をお話しする機会をいただきました。その中では勿論「内部統制」の視点から、内部統制そのものが規定されている<会社法><金融商品取引法(日本版SOX法)>や、関連する<個人情報保護法><不正競争防止法>にも触れてきたつもりです。
 しかし、これまで大切な要素がひとつ抜けていたように思い、反省しています。それは<公益通報者保護法>です。
 <公益通報者保護法>ではコンプライアンスを機能させるための仕組み作りも求めており、上記の各法令と同等にお伝えすべきものだったと考えております。同法において通報の対象となる法律には、当然ですが『公認会計士法』『税理士法』『社会保険労務士法』『行政書士法』『弁護士法』『司法書士法』『弁理士法』『土地家屋調査士法』『不動産の鑑定評価の関する法律』すべて含まれています。


aed-12.jpg

 今回の写真はJR及び京浜急行「川崎」駅に隣接する大きな地下街の中にあるAEDです。きれいな地下街で、AEDも通路の壁に密着して設置されており往来の邪魔になることはありません。

イプシロン
posted by イプシロン at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

AEDのある風景(NO.11)

 皆さんはネット上で書籍などを購入される場合<Amazon>を使われたことはありますか?
 この<Amazon>のサイトの機能に『ほしい物リスト(旧名称:ウィッシュリスト)』というものがあり、これから購入する予定の物やプレゼントされるならこういった物がいいナ・・・といった品々をリストアップしておくことができます。
 しかし今現在、このリスト登録の際の初期値が“公開”となっており、ネット上でメールアドレスや氏名を入力して他人のリストを検索できるようになっています。更に検索キーにはワイルドカード(→「*」)も使える設計になっていますので、見ず知らずの方々の趣味・趣向をネット上で覗くことも可能な状態です。
 情報の登録状況によっては配送先まで特定できる可能性があり、随分と乱暴な個人(的)情報の取り扱いだと感じますが・・・国民性の違いですか?

aed-11.jpg

 写真は奄美空港、手荷物検査場の入口脇に設置されているAEDです。結構目立ってます。

イプシロン
posted by イプシロン at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする