イプシロンブログトップつのわ〜るどシンプルBSC

2007年09月20日

「ホームページの活用ポイント」これだけは押さえておこう! 第10回

いたずらにデザインを変更したり、とにかく更新しても全く効果もございませんし、時間の無駄になってしまいますので、効果的な改善をするためには、改善するための情報を収集し分析することが必要があります。

それができるのが「アクセス解析」ということになります。

アクセス解析で収集できるデータは
・時間帯や曜日による訪問者数
・どのページが多く見られているか
・どのホームページからリンクしてきたか
・新規訪問者とリピーター!
・検索エンジンからどのようなキーワードで検索してきたか
・サイト内でどういったページをたどってみているのか
・滞在時間はどれくらいか

といったデータが取れるようになっています
このような訪問者の動向を収集・分析することで、的確に訪問者へのアプローチができるようになります。

よくアクセス数が多いだけで満足されている方がいらっしゃいますが、確かにアクセス数が多いということはいいことなのですが、いくら多くのアクセスがあってもお客様からアクションがなければ何の意味がないということになりますので、アクセス数にこだわるのではなく、問い合わせや資料請求をしていただけるホームページを作っていく方が大切となります。

繰り返しますが そのためにはお客様の訪問の動向を調べて、データを集計・分析し 対策を考えてホームページの改善に反映させていくが重要なポイントとなるのです。

イプシロン
posted by イプシロン at 10:39 | ホームページの活用ポイント | 更新情報をチェックする