イプシロンブログトップつのわ〜るどシンプルBSC

2007年05月15日

不連続素人小説【紫煙の窓】第05話

 私も、そう毎日遅くまで仕事をしているわけではない。しかし深夜残業の度に、窓越しに決まって見える女性の姿。もしかするとあの人は毎日この調子なのか?と思ってしまうほどである。それも夜7時や8時くらいでは、まだあの窓は照明も点かず暗闇になっている。ということは・・・毎日遅くまで外回りをこなした後、深夜になってからあの部屋で事務作業を片づけているのか?
 劣等代理店として自らの勤務態度を省みると、何とも情けなくなってくる。

******************************************************

 私の事務所のあるビル、各フロアにある喫煙コーナーは換気扇が無くとも換気は十分・・・と、喫煙者は思っている。何故ならこのレトロな建物の窓という窓は大人の膝上あたりの低いところから天井近くまでの大きさがあり、更に最上階の9階まで全階の窓が普通に“全開可能”だからだ。
 壁の高さのほとんどを占めるこの窓を開ければ換気効果は抜群である。ただ、非常に危険でもある。このフロア(7階)でも窓際に立つにはかなり度胸がいる。少しふらつけば真っ逆さま、といった恐怖感が常に付きまとう。幼い子供などは立ち入らせない方が無難だろう。

 各テナントの中や廊下でも喫煙コーナーあたりの人の行き来がある窓には、明らかに後で設置されたであろう転落防止用のバー(金属製の丸い棒)が一本横に通ってはいる。しかし、ヘソの辺りのその棒だけでは心理的恐怖を拭えるものではない。
 40数年のこのビルの歴史の中では、1件や2件転落事故が起きていても不思議じゃない・・・そう普通に思えるほどだ。

 そんな事情もあり、いくら興味が湧く風景が窓の外に広がっていても身を乗り出すことはどはないのだが。

《※この物語はフィクションです》

イプシロン
posted by イプシロン at 09:55 | 不連続素人小説 | 更新情報をチェックする