イプシロンブログトップつのわ〜るどシンプルBSC

2011年07月15日

現在進行形の震災について(9)

 震災前に書いていたISOに関する連載も、どうしてもまだ再開する気分になりません。あの日から4カ月余りが経ちましたが、まだまだ放射能汚染の状況もほんの一部が分かりかけてきた程度で、これからの拡がりも想像しきれるものではありません。
 ・・・といっても、7月は士業業界にとってのISO継続審査が集中する時期で、震災の影響の少ない地域では当初の予定通り審査が実施されています。私の業務としても、審査立会〜是正対応が続いています。

 震災被害の大きい地域では、審査の延期のみならず、これを機に認証返上を決断する組織もあります。審査機関にとっても影響は無視できない規模のはずです。
 ただでさえ国内のISO9001認証取得組織は減少傾向にあり、替わってBRICsと呼ばれる諸国の認証取得数は著しく伸びているようです。地球規模での、大きな潮流の変化を認識せざるを得ません。潮の流れを引き寄せるどころか、ただ海底に放射性セシウムが降り積もるばかりの国にはしたくありませんね。

イプシロン
posted by イプシロン at 23:54 | Comment(0) | Free! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: