イプシロンブログトップつのわ〜るどシンプルBSC

2009年11月20日

そろそろ赤穂浪士の季節です!泉岳寺へGO

毎年その時期になると目にしたり耳にしたりするものがあります。
例えば、ひやむぎやそうめん、カキフライ、うちわ、うなぎ、花見などなど。
年末に良く耳にするものの1つに赤穂浪士があります。例の松の廊下の仇をうって、自分たちも刑罰を受けた方です。
実は今から15年以上前にこの赤穂浪士が眠る泉岳寺のすぐそばに務めていました。務めていた時にはほとんど足を踏み入れたことがありませんでしたが、自転車で探検に行ってきました。

泉岳寺1.jpg

下記の像の方が一行を指揮していた大石内蔵助さんです。

泉岳寺2.jpg

泉岳寺の中には、赤穂浪士の方のお墓や吉良上野介の首を洗ったと言われる首荒い井戸などがあります。さらには赤穂浪士関連の資料が展示されている資料館もあります。その資料館で勉強してきましたが、テレビや映画で見るイメージと異なって、実際の討ち入りした方の年齢の主力は50代、60代のようです。今と異なって昔の50代、60代と言えば隠居年齢。つまり赤穂浪士の事件と言うのは現代で言うと、会社が傾き始めて、社長が何らかの陰謀で失脚してM&Aされそうになっている会社の社員とOBが力を合わせてリストラ覚悟で親会社に訴えかけた事件 という感じでしょうか?美談好きの江戸っ子には受けたのでしょうが、現代の裁判員制度でも有罪になるのでしょうか?…と考えたくなる静かな朝の境内でした。

泉岳寺3.jpg

イプシロン
posted by イプシロン at 17:47 | Comment(0) | 旅の達人 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: