イプシロンブログトップつのわ〜るどシンプルBSC

2009年09月26日

AEDのある風景(No.40)

 やっと過ごしやすい気候になってきたこの時期、徐々に現実味を帯びて脳裏をよぎるのは「新型インフルエンザ」の脅威です。
 今年2月に策定されている「新型インフルエンザ対策ガイドライン」(内閣官房のサイトからダウンロードできます)には、国民各層(事業者・職場・個人・家庭・地域)の取り組みについて記述されています。また、この中では死亡者が多数となった場合の埋火葬に関する体制整備にまで触れています。

 職場に於いて感染防止策を講じつつ、業務を継続する方法として
・在宅勤務、時差出勤、出張・会議の中止
・職場の出入口や訪問者の立入場所の制限
・従業員・入場者の発熱チェック
・重要業務絞り込み、不要不急の業務・感染リスクの高い業務の縮小
・人員計画立案、サプライチェーンの洗い出し
・代替要員確保のための班交代制の採用
などが挙げられていますが、まさに“事業継続管理”の実践を迫られているといえます。貴事務所の対策行動計画は大丈夫ですか?

 写真は東京メトロ「町屋」駅構内に設置されたAEDです。
aed-57.jpg
 職員用通路に通じる壁際にひっそりと・・・

イプシロン
posted by イプシロン at 00:12 | Comment(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: