イプシロンブログトップつのわ〜るどシンプルBSC

2009年05月25日

AEDのある風景(NO.34)

 皆さんのご家庭には携帯型ゲーム機なるものはありますか?我が家には「ニンテンドーDS」というのがあり、ガキ共の勉強時間圧縮に貢献しています。
 まあ、各家庭の個別問題は置いておいて・・・この厳しい時代に多大な利益をあげている“ニンテンドー”さんでは素晴らしいブランディング構築がなされているようです。それは、修理・メンテナンスにおける【神対応】のまさしく“神話”です。
 「修理に出すと新品が送られてくる」「保証期間が過ぎていても新品が!」などという噂レベルの情報が氾濫しているしているそうですが、現実的には過度に収益を圧迫するような過剰サービスは提供されていないとは思います。但し、メーカーに好意をもった噂が広がること自体、地道な日頃のCALL対応や、誠実な修理対応の積み重ねの結果だと考えられます。
 顧客満足度向上、顧客不満足度低減(苦情対応含む)へ徹底して取り組むことも、強固なブランド構築に繋がりますね。当然、長い期間に醸成される企業体質・風土があってこそだとは思いますが。

 写真はJR「小田原」駅の構内に設置されているAEDです。
aed-50.jpg
 EX−ICの端末と仲良く並んで、風景にとけ込んでいます。

イプシロン
posted by イプシロン at 23:48 | Comment(0) | AEDのある風景 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: