イプシロンブログトップつのわ〜るどシンプルBSC

2009年04月26日

「あたりまえ」の認識ギャップ

(●^o^●)皆さんこんにちは♪

先日、とあるセキュリティセミナーが開催され、たまたま知人が講師を務めるということもあり、参加してきました。

ISO27001やプライバシーマークなど、個人情報保護、情報セキュリティに関する社会的ニーズはここ数年ぐんぐんと高まり続けています。


セミナー終了後に懇親会があり、その席での出来事です。

参加されていた一般企業の経営者の方々と名刺交換をしたのですが、その際、

「お客様は士業事務所さんが多いの?」
「士業さんは情報漏洩対策にはかなり力を入れているのでしょうね」
「信用問題に関わるから相当厳しく管理しているでしょう」
「そうじゃないと数字なんて預けられないよね」
との会話が繰り広げられました。


確かに、しっかりと情報漏洩対策、セキュリティ対策を講じている事務所様も少なくありません。私達もお手伝いをさせて頂いています。

しかし一方では、上記のような暗黙のニーズにお応えできる対策を講じていない事務所様も少なからずあるように思います。

預けている情報、任せているお仕事の内容から言って、“当然、最善の取り扱いをしてくれているであろう”との疑いのない期待と安心感・信頼。

お客様が思う「あたりまえ」と、「現実」とのギャップを感じた出来事でした。


何かトラブルが起こってからでは遅いので、今一度、現状のセキュリティ対策が万全であるかを見直し、必要であれば早急な取り組みをお願いしたいところです。

(*^_^*)私達も、より取り組みやすいセキュリティのシステム構築支援を目指します!

頑張っていきましょう♪

090406_2120~01.jpg
お仕事後の至福の一杯♪
酔ってもお口にチャックでセキュリティ♪

イプシロン
posted by イプシロン at 12:25 | Comment(0) | こんなこと(kato) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: